優良誤認表示の禁止?



最近大阪のホテルで食品の偽装表示とかってワイドショーなんかでも

盛んに取り上げてて、そこの調理責任者?が出てきて弁解?してたけど。。。




スーパーなんかの鮮魚コーナーとかでこれまで貼られてた魚の名前が

カタカナの聞きなれない名前に代わってたりしたのはかなり前の話し



むかしは輸入モンの訳の分からん魚とかに和名?をつけて通ってたけど

「 それじゃイカン!」 ってなったからそうなったわけで

むかしは飲食店でもそれでよかったかもしれないけど。。。







消費者の方もホテルに高級感を求めるなら昼のランチなんかでも

お手頃な感じを望んだりするもんではないわな。。。



高級ホテル謹製みたいな缶詰やら冷凍食品があったりするけど

それって意地悪な考え方をするとお店の厨房では温めるだけ?とか



それでなくとも今どきのホテルって合理化が進んでて若い調理師が

勉強するのは原価とか利益率とかってことだけだって話しも聞いたことがある





なんにしてもこんな事でテレビやなんかでも大げさに騒ぐ意味が解らん

同じような食事でもホテルの高級感に高い銭払ってそれでイイじゃん

味のわからない自分が雰囲気にだまされたってだけで。。。










優良誤認表示の禁止ってのは景品表示法の中の言葉だそうで

実際のものよりも著しく優良であると表示しちゃいかんって事だそうだ




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する