日常茶飯事。。。┐(-。ー;)┌


この間から沖縄で米兵が女性に乱暴したとか夜中にアパートに侵入して

中学生を殴ったとかニュースでやってるけど




米兵事故


ニュースにはならないけど米兵がらみの事故とかならよくあることで

その都度MPとか出てきて事故処理なんかも見るからに厄介そう。。。





相手は日本とは別の法律・常識の中で生活していた人間なわけで

出来るだけ責任逃れをするような主張をして逮捕でもされなけりゃ

アメリカに逃げ帰れたらセーフてなもんだ。。。




勝手な言い分を通したり逃げ得を許してたらやってられない

こんなところに最前線の対外交渉があったりする。。?






相手のご機嫌伺いばかりで米軍との共同演習を中止するような日本は損ばかり

そんなことにならないように言う事はいう!やることはやる!

当たり前のことが当たり前でないなんて



ここがヘンだよ 日本国!








ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

no idea

実効支配とは、
ロシアの国家元首・メドベージェフ大統領が北方領土を訪問。
韓国の李明博大統領が竹島を訪問。
日本の野田首相が尖閣列島を訪問。
ということになるのかな。

北方領土をロシア軍が守る。竹島を韓国軍が守る。尖閣列島を日本軍が守るということでしょう。

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を借る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).
自分の力が及ぶ領域の範囲内に、自分の正義は通用する。

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別がない。
現在のことは過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来のことに辻褄を合わせて語ることは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

>noga さん

コメントありがとうございます

私は国の防衛は国民の手で!って思っている方ではありますが
それは必ずしも軍事力でとは思っていない夢想家でもあります


ペンは剣よりも強し!日本だけではなくアメリカでも中国でも
政府は国民世論というものを強く意識している
そしてだれでも力ずくでもと思いながら被害をこうむるのは嫌う


日本人は一歩引いてとか譲る事を美徳のように思い
大人の対応とかって勝手に我慢して限界になるとキレる
これこそ世界では通用しないんでは?


交渉に臨むとき最初に握手の時にもう片方の手を背にまわし
いつでも殴りかかれるようにこぶしを握ってるってな意気込みは
必要だとは思いますが。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する