大連立って国民が望んでるの?


野田佳彦首相は23日午前の参院予算委員会で、民主、自民両党による

「 大連立 」 政権の可能性について 「 国民のために政治を前進させていく中で

一つの可能性としてはあると思うが、現実的には今、困難だと思う 」 との認識を示した




ナニかって~と大連立とか言うけど、それってナニ?

いろんな主義主張があって政党とかあるんだろうけど、それとは別に政治家個人として

信念に基づいた行動とかってあってもいいんじゃねぇ?

何でもかんでも政党で拘束しようとするから皆でくっつくとかくっつかないとか

話がややこしくなるんじゃねぇ?








北朝鮮に自制促す決議ってのを参院が全会一致で採択したって~けど

こんなミサイルかも?ってのをヤメロ!とは言わず、自制しろ!でもなく、促すぐらいが

採択できる限界? 決めないことを決めることぐらいしかできない国会ばかり見てては

独裁者待望論とか出てきてもおかしくないんじゃないだろか。。。







ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

Japanese

意思は、未来時制の内容である。が、日本語の文法には、時制がない。
「世の中は、、、」の内容は、実況放送・現状報告の内容、つまり現実の内容ばかりである。
意思を表せば当事者となる。表さなければ傍観者。
日本人には恣意 (私意・我儘・身勝手) はあっても、意思はない。子供のようなものか。
かくして我が国は、世界にあって、世界に属さず。
理想は考え (非現実) の内容である。
考えのない生活には、夢も希望もない。

日本人には、世界観がない。
だから、この世 (現実) のマスター・プラン (非現実) を描ききることはできない。
理想らしきものを語る者には、「そんなことを言っても駄目だぞ。現実はそうなってはいない」と言っている。
つまり、理想 (非現実) と空想 (現実) の間に区別がないのである。いや、脳裏には空想しか存在しえないのであろう。
だから、未来社会の建設には力がかからない。
ただの気分転換のみを求めて、ナウな感じでいる。
日本人の考えの拙さは、ここにある。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/




>noga さん

・・・で? 
だからどうだってのがよくわからないんですが
日本語で書いてるからでしょうか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する