やんばるの隠れた危機?


野田内閣の改造内閣が発足して、防衛大臣が田中角栄の娘婿?

ごたごたを引き継ぐことになってしまったって事なんだね

防衛関係の厄介事、米海兵隊普天間飛行場の移設予定地の辺野古をふくむ

沖縄本島の北部地域を『 やんばる 』 というんだけど、

そんなところに嫁いで行った妹から聞いた “ やんばる ” 話し。。。



『 母一人子一人 』 というのも変な感じの爺さんと、さらに高齢の母の二人暮らし世帯で

母親が死んだら残された息子が飢え死にしちまったんだと。。。

妹の言い方だと 『 気の利かない独身男 』 農家の長男なんかである程度の

歳の人なんかだと “ 男子厨房に入るべからず ” で育ってきて

家事一切を母任せにしてて買い物すらしたことがないおじさんが多いんじゃないかと。。




朴訥とか純朴ってのも程があるだろってくらい無口で世慣れてないみたいで

ひとりでご飯食べにいたり、コンビニで弁当も買えないってか!?

信じられない事だけど意外といるらしい。。。





海兵隊の基地が移設してくる以上に意外と身近な危機なのかもしれない。。。








ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する